2005年07月31日

「姑獲鳥の夏」。

やっと観ました。

姑獲鳥の夏


原作の文庫版を某古本屋さんで見つけ購入していたのですが、まだ手付かず(汗)。結果的に、いつもの「原作付は原作を先に読まない」パターンでの鑑賞と相成りました。




鑑賞中、ほんとに眩暈を起こしそうになりました。
すこぉし自律神経がやられちゃったかな?と。
ま、平気でしたけど。映画に没頭出来たので。
実際私が眩暈坂を歩いたら、関口氏のようになるんだろうなぁ・・・

京極堂さんである堤真一さんのあのキャラ、好きですね。物語冒頭付近の長台詞は、某「渡る世間は・・・」を彷彿と・・・!?・・・いえいえ。
金田一耕助氏とホームズ氏を足して2で割って、なおかつ安倍晴明氏をプラス?(実際縁があるとか言ってたし)・・・という感じを受けました。
そして、素敵ですわ(はぁと)
「不思議なものなんて何もないのだよ」
人一倍不思議なものを体験してきたからこそ(?)の重みのある台詞なのかな?と・・・

関口氏(きょんきょん様の元旦那様永瀬さん)、守ってあげたい系・・・
奥さんが篠原涼子さんというのがある意味「なるほど」状態でした(?)
「見えないはずのものまで見えてしまうひと」と、「見えているものを見ようとしないひと」。
この映画の人物は、おおまかにこの2つに分けられると思う私なのですが、
後者である彼の気持ちが・・・
登場人物のなかで、ある意味一番共感してしまったひとです。自律神経が弱そうなところも(ん?)。


薔薇十字の探偵さん(阿部寛さま・探偵社の名前が気に入った・・・)、前述の、「前者」にあたるひとの一人。
原作を読むにあたって、このひとのことが詳しく描写してあったら、嬉しい。
あまりわからなかったので(汗)


久遠寺の原田知世さん・・・「不思議なひとですわ」の台詞、あなたこそ「不思議なひと」の雰囲気がありました。綺麗ですよね〜(うっとり)


京極堂妹(田中麗奈ちゃん)、あまりレトロな雰囲気がなかった。彼女の周りだけなんか平成の香りが(笑)



始終一貫して流れていたあの雰囲気と、音楽(池辺晋一郎さん!!)と。
場面場面に現れる猫ザクロ(猫好きとあっちゃチェックしないはずはありません←意味不明)の甘い泣き声とともに、なーんともいえない世界に没頭していました。観ているあいだ。

posted by りか吉わんわん at 21:55| 佐賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 邦画(2000年〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

祓 〜「姑獲鳥の夏」〜
Excerpt: 実相寺昭雄監督作品、堤真一主演の、 映画 「姑獲鳥の夏」を観た。 古本屋にして憑物落としである「京極堂」シリーズの小説、第1弾を映画化。 世間を騒がせている、大病院の奇怪な噂。 院長の娘が妊..
Weblog: サナダ虫 〜解体中〜
Tracked: 2005-08-16 01:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。