2005年07月17日

「スターウォーズエピソード3 シスの復讐」。

今までメインページにアクセス出来ずアップできませんでしたが、やっとつながったので。

スターウォーズエピソード3 シスの復讐


もともとうちの父がスターウォーズ好きなのですが、私自身は実は詳しくなく。
主要キャラクター(それもごくごく少し)の名前とあの有名過ぎるテーマ曲(演奏経験あり)くらいなもので。
「エピソード2」を観る時もパンフを買って勉強して観たのですが、今回も早めに購入してごはん食べながら勉強しました。



んなもんで、
この作品を語るなんて、私にはおごがましいことこの上ないので。
ごくごく私の中で感じたことを書いていきたいと思います(っていつもそうじゃないのか)。


ジェダイってお坊さんみたい(事実テンプルという言葉が出てきた)。いや実際そう見立てて描かれているのかしら?(まったく詳しくないゆえ憶測で書いていますが・・・)
向上心強く純粋であることと悪とは紙一重・・・なのかな
アナキン(=ダース・ベイダー)の奥さんを想う気持ちがただただ痛くて切なかった
そして奥さん(=パドメ)にその気持ちは100%伝わっていたのか・・・伝わっていた、と思いたい(でなければ最期のひとことはなかったと思うので)
これほど感情移入できない悪役(パルパティーン)も私自身珍しい


2、3回ほど、アナキンが涙を流すシーンが出てきます。
後のほうは、暗黒面に堕ちた後のものでしたが、最後に残った彼の「良心」なのか・・・


いやぁ、
ハッピィエンドではないことがわかっていながら観るのは結構辛いものがありますな。
堕ちてゆくひとが如何にして堕ちてゆくか、その過程を観るというのも。
アナキンの気持ちが、行動が、こころに痛かった。
「弟だと思ってた」「愛してた」・・・オビ・ワンの科白も。

あー、
例によって好き放題語ってしまった。
いつもながらずれた視点なのだけど、こういう感想もありかな、とご容赦くださいませ。頼みます。


さぁ、
「スターウォーズ」を皮切りに、観たい映画が目白押しです。
時間の合間を縫いまくって観るぞ!おー!
posted by りか吉わんわん at 20:30| 佐賀 ☔| Comment(2) | TrackBack(4) | 洋画(2000年〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
こちらからも貼らせて頂きました♪

最後に残った彼の「良心」ってとこよ〜く分かります。
そして"6"なのでしょうね。
Posted by Aki. at 2005年07月18日 03:35
すみません、かなり前にコメントいただいていたのに、長らく放置してしまって・・・
ご訪問いただきありがとうございました。
Posted by りか吉わんわん@管理人 at 2005年11月06日 17:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

STAR WARS EPISODE V RIVENGE OF THE SITH
Excerpt:  シスの復讐、見ましたよ。すげーよ。アナキン弱い。この時点ではもうベイダーなんだけど、オビ=ワンにあっさりやられちった。あとR2は意外と強いな〜。ってことでベイダーがなんであんな仮面かぶってんのかもわ..
Weblog: a fruit knife and a boy
Tracked: 2005-07-17 21:18

スターウォーズ エピソード3 シスの復讐
Excerpt:  先々行上映を見てまいりました!ああそうさ!「スターウォーズ・エピソード3」をな!  いよいよスターウォーズサーガも最終章、ということで今回やっとエピソード4に話がつながり、新3部作も完結するわけで..
Weblog: なにも起こらなかった一日の終わりに
Tracked: 2005-07-17 22:58

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
Excerpt: 9.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) 観に行って来ました! 今もまだ余韻に浸っております。 率直に・・・良かったぁ〜!凄かったぁ〜!泣いたぁ〜! これで全6話(9話やって欲..
Weblog: ぶっちゃけ…独り言?
Tracked: 2005-07-18 03:14

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2回目)
Excerpt: 先々行上映に続き、先行上映にも行って来ました。 いくらなんでも2回目は冷静な気持ちで見れるだろうと思っていたのですが無理でした。 興奮しまくりでした。心の中で拍手喝采でした。フォースと共にあれでし..
Weblog: 映画の休日。
Tracked: 2005-07-18 13:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。