2005年05月21日

「ピアノを弾く大統領」。

韓流シネマフェスティバル2005での上映作品のひとつ。先日、いつも利用している映画館にて、このチラシが置いてあるのを目にし、ふと母の顔がよぎったので持ち帰りました。
韓流大好きな母。反応は案の定の結果。
「観に行こう」と、そういうわけになりました。

どうせなら私も楽しみたいので、ラインナップの中から私も興味ある作品を選ばせてもらい、鑑賞。
それが、「ピアノを弾く大統領」でした。ピアノを弾く大統領


この日は確か、私の初コンタクトレンズ購入の日。コンタクトのお店からばたばたして映画館に駆け込み、パンフも買わずにぎりぎりセーフ。

主役はジウ姫ことチェ・ジウさん。涙の演技が多いひとだと思いきや、この映画での役どころは、元気いっぱい(?)の問題高校教師(笑)。
担任する生徒の父親であり、現職の大統領と恋に落ちる、というストーリーでした。
コメディありの、ラブ・ストーリー。

大統領役の俳優さんがまた、素敵なおじさま。
その娘で、ジウさんの教え子の女の子も、またいい味を出しておりました。
私の記憶違いかもしれませんが、意外と3人揃ったシーンがなかったような?
ジウさんと大統領、か、ジウさんと娘、か。(違っていたらごめんなさい)。
なにか、含みがあるのかな・・・と、考え過ぎな私は想像をたくましくしておりました。


とはいえ、
かるーく楽しめた作品でした。
基本的に、じっくり考えさせられる奥の深い作品好みの私ですが(内容的に興味があれば、もしくは受け付けられる内容ならば、ですが)、たまにはこういう感じの映画もいいな、と思ったり。
posted by りか吉わんわん at 23:02| 佐賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | アジア(2000年〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ピアノを弾く大統領
Excerpt: 物語としてはよくありそうな展開ですが、魅力的な登場人物たちによってとても心温まる作品になっています。 自らタクシードライバーやホームレス等に扮して国民の声を聞こうとしたり、ウンスに出された宿題を真面目..
Weblog: シアフレ.blog
Tracked: 2006-09-19 20:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。