2003年12月28日

「ラスト・サムライ」。

「ラスト・サムライ」という映画を観て来ました。

読んでタイトルの如く「最後の侍」という意味合いの。
明治維新後の日本が舞台。けれどハリウッド映画。



「散切りあたまを叩いてみれば 文明開化の音がする」
ちょうどそんな時代にあたっている。
けれどこれは、「散切りあたま」をしないひとの物語。



鉄砲が、刀に取って代わる。

けれどこれは、刀を持ちつづけるひとの物語。



いろんなものを取り入れようとも。
「本質」は変わらない。変えてはいけない。

そんなことを教えてくれる映画。


とあるシーンで、目頭が熱くなった。
けれど、すぐにさぁぁぁぁっと冷めていった。
その瞬間は、そうなった自分自身を「なぜ?」と思ったりしたのだけど。

あとになって思った。
そういう類の感動を私はしたわけではないんだ、と。


俳優さんたちに関しても、いろいろ思った。
「日本のラストサムライ(という風に私はとった。ちなみにアメリカのラストサムライはトム・クルーズ)」を演じた渡辺謙さんは、わりとソフトだったなぁ、とか。
小学校の頃観た「里見八犬伝」以来好きだった(過去形。今はそうでもない)真田広之さんはお年を召し(以下略)、とか。
posted by りか吉わんわん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画(2000年〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。